2009年1月14日水曜日

店頭で販売されているMac OS Xはアップグレード版では?

Psystar、今度はMac OS Xで権利消尽を主張

ライセンス製品と一般に販売されているものとを完全に取り違えている。Mac OS Xはライセンス製品なのだから、特定の使用方法にそって使うことを前提にして販売しているものであり、それ以外に使用することを許可していない。

このPsystarという会社の弁護士は何を考えているのだろうか?

もっと言えば、ライセンス製品をどのPCに入れるかという以前に、店頭で販売されているMac OS Xはアップグレード版であるため、それを合法的に購入したとしても、既にMac OS X(もしくは、Mac OS)が入っているものにしか導入できないこととなっている。つまり、現在合法的に導入できるのはMacのみであるということだ。
彼らが主張している適正な価格で購入しているから、どのマシンに入れてもかまわないという主張はそもそも間違っている。アップグレード版を高々と掲げ、「俺たちが合法的に購入したものだ。どのPCに入れようと勝手だ」ということ自体おかしな主張なのだ。

今年のMacWorldのキーノートを見て、iLife'09の価格にアップグレードという表記がなされていたことに気づいた人はいるだろうか? そう、iLifeもMacを購入すればプリインストールされているものであるため、店頭で販売しているものはアップグレード版しかないのである。

市場に単品で流通しているMac OS XとiLifeのパッケージはアップグレード版であることを全面に主張し、早くアップルにはこのようなくだらない裁判にけりをつけてもらいたいものである。

2009年1月11日日曜日

Palm Preは魅力的

Palm Preがすごい(初見&動画&レビュー&株&価格予想)

動画を見るまでは半信半疑だったが、動画をみてかなり驚いた。動作のさくさく感とUIが優れていることに正直魅力を感じた。iPhoneの影響をかなり受けているようだったが、同じくiPhoneを意識して作成された昨年末登場のWindows Mobileの機種よりかはずいぶんましなものだ。
スクリーンではなく、スクリーンの下にジェスチャーを行えるバーを用意したり、指だけで操作ができるように努力していることがわかる。ブラウザも非常に軽快に動くことがわかる。リンク先ではWebKitを使用しているとあるが、別のところではWebKitを使用せずに独自のものだとの話もある。どちらが正しいかわからないが、見た感じでは非常に良くできている。
もし、iPhoneが出る前に出ていればヒットしていただろうし、自分自身もiPhone以外のスマートフォンを選ぶとすると、このPalmがいいかもしれない。
ただ、残念なことに日本での発売どころか、世界規模での発売がまだ未定なようなので、世界的な規模でのヒットになることはないかもしれない。
この登場を受けて、ますますiPhoneにはUIも含めて磨きをかけてもらいたいものだ。

ますます今年はスマートフォン市場が拡大することを感じさせた一台だ。

2009年1月4日日曜日

WALL・E/ウォーリーのSPECIAL THANKSにスティーブ・ジョブズの名前が

WALL・E/ウォーリー

どこかのサイトでWALL・E/ウォーリーのスタッフロールにスティーブ・ジョブズの名前があるとの記述があったので、早速確認してみた。



SPECIAL THANKSだ。他のPIXAR作品にも名前が出てきているのだろうか?

2009年1月2日金曜日

Apple Store心斎橋 2009年初売り

少し怪しげな雲行きの中、Apple Store心斎橋の初売りの様子を見に行ってみた。


かなりの人数が並んでいた。


この後ろ姿は、確かPodcast「ワンボタンの声」のやまむらさんでは?